修理

プロが解説する、車のエアコンガスの正しい抜き方

correct air conditioner gas properly

エアコンガスの交換は道具さえ揃っていれば、比較的かんたんに誰でも行えます。

道具がない状態でガス缶だけ買っても交換できないので、注意しましょう。

ここではエアコンガスの正しい抜き方を、プロが解説します。

how to withdraw air conditioner gas
ちょっと待って!やってはいけない車のエアコンガスの抜き方

正しい車のエアコンガスの抜き方

ガス抜きに必要な道具

  • マニホールドゲージ
  • 真空ポンプ

エアコンのガス交換にはこの2つが必須です。

セットになって安くなったものが¥10,000円ほどで購入できるので、そちらの方がお得でしょう。

車のエアコンガスを正しく抜く手順

① エンジンを切って車のボンネットを開ける

② マニホールドゲージをエアコンパイプに接続する

Manifold gauge

青、赤ともにマニホールドゲージのバルブが閉まっていることを確認する。

青いホースをLo(低圧)のチャックへ赤いホースをHi(高圧)のチャックへカチっとなるまでしっかりはめ込む。

③ 黄色のホースの先端に、廃棄用容器を接続する

エアコンガスの廃棄処理方法は各地方で決まった方法があるので、それに伴った容器を接続する。

地方などエアコンガスの放出が禁止されていない地区の場合は、黄色いホースの先端に布などをテープで固定しておく。

そのまま何も取り付けず放出してしまうと、黄色い液状になり周辺がヌルヌルになる

④ マニホールドゲージのLo側のバルブのみ緩める

黄色いホースからシューという音がしなくなるまで緩めた状態で待機

⑤ マニホールドゲージのHi側のバルブを緩める

黄色いホースからシューという音がしなくなるまで緩めた状態で待機

⑥ エアコンガス抜き作業が完了

以上でエアコンガス抜き作業は完了

そのまま真空引き作業へと移行するため、ホースを接続したままマニホールドゲージの青と赤ともにバルブをしっかり閉める

⇒エアコンガスの正しい入れ方へ続く

-修理
-, ,