修理

車をぶつけたけど、傷なし!どう対処するべき?

no damage caused by car

追突や出会いがしらや、駐車場などで車をぶつけた場合、さほど速度が出ていないのでぶつけたのに傷がつかない場合があります。

傷がないならとそのまま別れる方も多いでしょう。

しかし世の中にはおかしな人がたくさんいるので

  • 実は体の〇〇が痛いと嘘をつき、後から警察に駆け込む人
  • 後から修理費用を請求しなかった事が惜しくなり、当て逃げされたと警察に駆け込む人

こんな人も世の中にはいます、私も聞いたことがあります。

では車をぶつけたけど傷なしの場合、どう対処するべきか保険代理店でもあるプロの見解をお話します

警察への事故届けはしておくべき

ぶつけた場合は傷のありなしに関わらず、警察へ届け出るべきです。

警察へ事故届をしておけば、後日上でお話したような行動を取られても対処できます。

また、万が一本当に相手の車や体に問題が起きた場合でも、警察に事故届をしておけば保険を使って対応できます。

保険を使うには警察での事故届が必須ですし、本来事故は警察に届け出る義務がありますから、傷なしの場合でも必ず警察に届けるようにしましょう。

相手が面倒くさがって警察対応を拒否した場合

時間がない、面倒くさいなどの理由から警察へ届け出る事を拒否する人もいると思います。

その場合はメモなど簡単なもので良いので、

『ぶつけたが、傷なしなのでお互い納得の上示談とする』

など状況がわかる内容を記載し、お互いサインをしたものを交わしておくのが良いでしょう。

これがあれば示談契約の証明になるので、後から何か言われても対処できます。

住所や電話番号は相手に知らせない

示談とする場合でも、相手に電話番号や住所などの個人情報は絶対に教えないようにしましょう。

示談のサインは名前だけでOKです。

後からおかしな行動を起こそうとしたが、示談契約があるので上手くいかないと知ったとき、直接あなたに手を加えようとする人もいるからです。

事故を起こし、保険会社を使って対応するときですら相手に個人情報を教える必要はありません。

-修理
-