自動車保険

板金塗装兼保険代理人がおすすめする、自動車保険のプラン

Car insurance's recommendation plan

自動車の任意保険は、「対人対物無制限」だけ付いていれば、最安のプランが一番おすすめです。

板金塗装で実際に保険を使うシチュエーションを日頃見つつ、保険の代理店もやっている私からすれば、車両保証はいりません。

特約もたくさん種類がありますけど、別につける必要はないです。

自動車保険のプランは対人対物無制限だけがおすすめの理由

対人無制限というのは、人を撥ねてしまったり、事故相手が怪我してしまった時(相手が車に乗っている場合も)の対人の保証を無制限にしてくれるもの。

対物無制限というのは、相手の車や人の家の壁など、事故相手の物の保証を無制限にしてくれるもの。

これだけ付いていれば、最安のプランでも相手がいる場合の事故での自分の車も十分保証されます。

最近ではレッカーサービスはどこも付いていますし、弁護士が必要になる場合はそうなってから依頼すれば良いですからね。

車両保証は付けてもほとんど使わない

車両保証というのは、自分の車の保証です。

車両保障を付けても、何十万円もかかるような自爆事故をすることはそうそうありません。

少しバンパーをこすったり、どこかでポールに当たってしまったり程度の傷や凹みの場合、保険を一度でも使うと保険料が大きく上がってしまう事を考え、ほとんどの人が自費で修理します

つまり、車両保険を付けてもまず使わないのです。

車両保険を付けるとなかなか保険料が上がりますから、どうせ使わないなら外してしまいましょう。

補償内容は全ての保険会社がほぼ横並びの状態

保険会社はたくさんあって、保証内容を競い合って集客します。

その補償内容はほぼ頭打ち状態にあり、どの保険会社を見てもほぼ同じ

最安のプランを確認しても、十分な補償を受けられる内容になっているはずです。

それなら価格で選ぶしかないので、上で解説したように対人対物だけ無制限にし、最安の自動車保険プランを選択するのが最もおすすめです。

まとめ

  • 板金塗装と保険代理店をしてる私からすると、対人対物は無制限にするべきだが、それ以外はいらない。
  • 車両保障は付けてもほとんど使わないので、つけなくてよい。
  • 保証内容は各社横並び状態なので、一番安いプランを選ぶのがおすすめ

-自動車保険