自動車保険

いざという時困らない、自動車保険証券の正しい保管場所

Storage place of car insurance securities

自賠責保険、任意保険とも自動車保険証券の正しい保管場所は保険対象の車内です。

任意保険の場合は保険証券レスの場合もありますので、その場合は除きます。

基本は車検証などと一緒にブックファイルに入れ、助手席前の引き出しに入れておくのがベターでしょう。

自動車車検証、自賠責保険証明書は携帯義務がある

そもそもこの2つの保管場所は車内以外にありえません。

車検証と自賠責は運転する際に携帯する義務があり、不携帯は罰則対象になってしまいますので、注意しましょう。

自動車任意保険の保険証券を車内保管した方が良い理由

自動車任意保険の保険証券は、事故を起こしてしまった時しか使いません。

であれば、事故を起こした時にすぐ取り出せる車内が一番の保管場所なのです。

保険証券と一緒に事故時の対応や、連絡先などが書かれた案内も同封されているはずですから、保険会社から保険証券が届いたら、封筒ごと保険対象の車内に保管しておけば、もしもの時に安心です。

通常任意保険の期限は1年で、毎年更新することで新しい保険証券が送られてくるはずですから、新しい保険証券が届いたら、車内の古い保険証券と取り換えるようにしましょう。

この時、期限の切れた古い保険証券は捨ててしまって大丈夫です。

-自動車保険