修理

車に深い傷が!プロがおすすめする応急傷消しアイテムはコレ

recommended items to eliminate scratches

車に深い傷がついてしまったが、板金塗装修理に出す時間・予算がない場合はペンタイプの傷消しがおすすめです

ペンタイプの傷消しもいろいろなカラーが売られているので、ご自分の車のカラーに一番近いものを使いましょう。

全く同じカラーでなくても、系統が同じ(〇〇シルバーならシルバーでOK)カラーなら目立たなくなります。

⇒ペンタイプの傷消しはこちらから

傷消しを行う理由

車に傷がついてしまったら、浅い傷でも深い傷でも傷消しアイテムによる応急処置はした方が良いです。

見た目で目立つという理由もそうですが、傷消しには錆び止めの意味も含みます

傷をそのまま放置してしまうと、傷の箇所から錆びが発生し、鉄板に錆びが広がってしまいます。

錆びが広がってしまうと、一度塗装を剥がし錆びを除去して再塗装する必要が出てきてしまいますから、必ず傷消しペンによる応急処置をしましょう。

傷消しはペンタイプが良い理由

ペンタイプなら傷をなぞる形で最小限の範囲で処置できますし、簡単なので男女問わず処置が行いやすいのでおすすめです。

『範囲を最小限にする』というのは思った以上に重要なポイントで、今後もし板金塗装による修理をする時に綺麗に修理できますし、そのまま車を売りに出す時も必要以上に価値を下げず売ることができます

深い傷の場合でも、ペンでなぞっておくだけで問題ありません。

ペンタイプ以外の傷消しは絶対ダメ

ペンタイプ以外にも

  • 缶スプレータイプ
  • 傷消しキット

などいくつか傷消しアイテムは販売されています。

缶スプレータイプで深い傷を処置する場合、パテによる傷埋め作業が必要になりますし、傷範囲が広がって見えます。

また、缶スプレーは空気圧が一定ではないので綺麗な仕上がりにはできませんし、そもそもラッカー塗料なので車の塗装と違います。

缶スプレーによる傷消しを行うと、今後板金塗装屋で修理をする際に追加料金を請求される可能性(全て除去する必要があるので)や、車を売る場合も傷以上に価値が下がる場合があるのでおすすめしません。

傷消しキットによる作業も範囲が広くなりがちですし、素人には難しい作業を含みますから、おすすめしません。

まとめ

  • 車についた深い傷の傷消しでおすすめなのは「ペンタイプの傷消し」
  • 傷の浅い深いに関わらず、錆び止めの意味があるので傷消しペンで処置はするべき
  • 缶スプレーや傷消しキットは、傷以上に範囲が広がり過ぎる上、難易度が高いのでおすすめしない

行きつけの板金塗装屋さんがある場合は傷の応急処置について一度相談してみましょう、その車に合った塗料をタッチペン用として分けてくれる場合があります。

-修理
-